iOS11に対応しないATOK Pad亡き後のメモアプリはこれを使う

長年愛用してきた利用頻度の高いアプリが使えなくなる。メモアプリとして登場以来使ってきたATOK Padがついに使えなくなる日がやってくる。でもなんとなくATOK Padの寿命が短いことを予感させるものはあって、実は今年の前半既に他のツールに移行していた。

iOS11に対応しないATOK Pad

ジャストシステム社からメモアプリATOK PadのiOS11対応は行わない旨のアナウンスがなされた。ATOK Padにだけ保存されていたメモはiOS11では見られなくなる。ATOK PadをEvernoteと同期していた場合にはEvernoteにメモが残るしATOK Pad自身にもメモをPCやmacにExportする機能はあるが、iOS11でATOK Padが動作しないことには変わりはない。

ATOK Padの利便性を引き継ぐアプリ

ATOK Padは当初、iOSで外部プロセッサであるATOKが使えない制約を回避する手段として登場したと言っても過言ではない。ATOK Padで作文した文書をTwitterクライアントやメールアプリに貼り付けてPCで慣れ親しんだATOKの漢字変換機能をiOSで使えることが最大のウリだった。

だがしかしATOKが使えると言うよりも、Windows、OSX(現macOS)、iOS、Androidの各プラットホームで動作しEvernoteを介して同期するクラウド型メモアプリという利便性に魅せられた人々が徐々に増えていったように思える。ATOK Padには以下のようなの特徴がある。

1)ATOKが使える
2)Windows、mac、iOS、Androidに対応している
3)Evernoteを介して全てのATOK Padのメモが同期できる
4)PCやmacではshiftキーのダブルクリックでATOK Padが素早く起動する
5)シンプルでひたすらメモを取る事に集中できる

この中でマルチOS、クラウド同期、ワンタッチ起動は絶対に譲れない特徴だ。言い換えれば、この3つが実現できればアプリを乗り換えることはできると考えた。

様々なメモアプリを検討してみたが、導入してみたのはSimplenoteというアプリ。

Google Play

SimplenoteはWindows7以降のWindows、OS X 10.8以降の64ビットmacOS、iOS 9以降のiPhoneとiPad、Android 4.0.3以降、そしてLinux、AmazonのFireとブラウザ経由でのWebアプリにも対応している。クラウド同期はATOK Padが5分〜毎日という緩い間隔で同期していたのに対して即時同期を他のクラウドストレージサービスを介する事無く爆速で行う。この爆速の同期はSimplenoteの大きなの特徴の一つだ。

そして残った唯一と言ってもよい課題がmacでのワンクリックでのアプリの起動だった。

macでSimplenoteアプリを素早く起動させる

素早くアプリを起動させるには、WindowsでもmacOSでもランチャーアプリというジャンルのアプリを使う。macOSではCLCLというランチャーアプリがシンプルで良さそうだった。[command]キーもしくは[Option]キーの連打で任意のアプリを起動するすることができる。

元々、ATOK Padでは[control]キーを連打する事で起動する設定になっているため、[command]キーや[option]キーの連打で起動できるのならば操作性は変わらない。

アプリの利用方法

Simplenoteの利用方法は簡単。どれかのデバイスでSimplenoteのアプリをインストールして起動後にアカウント作成するか、Simplenoteのサイトでアカウントを作成して各デバイスでアプリをダウンロードしてログインすれば直ぐに使うことができる。他のデバイスで使う場合にはそれぞれのデバイスに合ったアプリをインストールして作成済みのアカウントでログインすればよい。

simplenoteは3ペイン型のノートで、左ペインにTAG名、中ペインに選択したTAGに属するメモ一覧、右ペインにメモ本文の編集画面がレイアウトされている。メモの1行目がタイトルとなるのはATOK Padと同じ仕様。更に各メモに複数のTAGを設定しグループ化する事ができるのも特徴だ。TAGの設定は思いのまま。後から追加や削除、変更も出来る。

左にTAG一覧、中にメモ一覧、右にメモ編集画面のレイアウト

CLCLはインストールしたら環境設定を行う。
無償版ではホットキーに割り当てられるのは[commmand]キーか[option]キーのみ。
アクションにはSimplenoteアプリを設定。
プレス回数はお好みで、ダブルプレスが連打、トリプルプレスが3連打である。

投稿者: yama

コメントを残す