Apple IDを2段階認証にしている人は信頼できるデバイス以外にも信頼できる電話番号を登録すべし

iPhoneを再起動させたらバッテリー切れだったので、改めて電源繋いで起動させたらアクティベートを求められた。ここまではまだよい。だがしかし、アクティベートしたら同じApple IDであってもそのiPhoneはApple IDの信頼できるデバイスから削除される。速攻で。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-24-19-48-00

これはiPhoneとApple IDの両方を不正に入手して乗っ取りをする輩を防ぐセキュリティ対策である、という事は理解できる。しかし2段階認証しているApple IDにアクセスするには信頼できるデバイスが必要になるのだ!

結論から言えばその数分後にApple IDにアクセスし、信頼できるデバイスとしてiPhoneを再度登録し状態を回復する事ができた。では、どうやって回復したかというと、信頼できる電話番号として別の携帯電話を登録しておいたのだ。Apple ID管理ページへのアクセスには2段階認証が必要(そう設定しているの)だが、信頼できるデバイスが削除されたとしても信頼できる電話番号宛にSMSで2段階認証コードを送付して貰える。
2段階認証をクリアしてApple ID管理ページにアクセスさえできれば、後は再びiPhoneを信頼できるデバイスとして登録すれば完了だ。

Apple IDを2段階認証にしている人は信頼できるデバイス以外にも信頼できる電話番号として別の携帯電話を登録しておく事を強くお勧めしたいと思う。

投稿者: yama

コメントを残す