ついにAndroid版Office登場

Android版のOfficeアプリが登場しました。でも利用条件を読むと結構厳しい利用条件が課せられていました。
マイクロソフト、Androidスマートフォン向け「Microsoft Office」アプリを公開

とくに利用する機会が多いであろうPowerPointに注目しました。アプリ自体は無料でダウンロードできます。有料機能はOffice365のSubscription契約で利用できるようになります。

問題の1点目は、このAndroidアプリは「Android4.4以降にのみ対応」であるということ。KitKatことAndroid4.4は2013年10月末の発表なので概ね2014年夏モデル以降に発売されたスマホが対象となります。残念ながら私のAndroidは4.2なのでGoogle Playにすら表示されません。Android4.2以前のスマホでアクセスするとOffice Mobileが表示されますが、これは編集も無理すればできるとはいえ実質上は表示・確認用アプリですね。
問題の2点目は、このAndroidアプリは「個人向け」であって「商用利用にはOffice365のSubscription契約が必要と明確に記されている点です。ビジネスで使うにはOffice365の契約が必須となります。今後はOffice365のSubscriptionを避けて通れなさそうです。毎月1300円強のお布施をMicrosoftに払い続けるほどOfficeを使っていない私は悩みどころです。

投稿者: yama

コメントを残す